2019 SPRING SUMMER OVER THE RAINBOW
ADAM ET ROPE 2019 SPRING SUMMER

OVER THE RAINBOW

今シーズンのアダム エ ロペは、“Over The Rainbow”というテーマの元、固定観念にとらわれない自由な発想で考えられた。受け継がれてきた伝統さえも、フリーダムなアイデアで魔法がかかる。今回は、そんな自由なマインドを持ちながら様々なフィールドで活躍する7人の"日常とスタイル"に迫ってみた。

“IN HER SHOES”
-Maryam Nassir Zadeh-

あふれるアイデアの泉で世界を魅了、カリスマティックなみんなのパーソナルスタイリスト。 Maryam Nassir Zadehのセンスを盗むには。

“IN HER SHOES”<br>-Maryam Nassir Zadeh-

“COTTON ONEPIECE”
-KHADI COTTON-

クルタやサリーなどのインド伝統の衣装に使われるこの布は、単なる手紡ぎ、手織りの布ではない。インドにおける、自由の象徴なのだ。

“COTTON ONEPIECE”<br>-KHADI COTTON-

“GRAMICCI”
-WOODY GOOCH-

オーストラリアのビーチで育ったフォトグラファーWoody Gooch。いつでも自然体な彼がカメラのフィルター越しに見るものとは。

“GRAMICCI”<br>-WOODY GOOCH-

“DRESS”
-YUUKI-

トラベルフォトグラファーYUUKIが旅先でオススメするインド綿のワンピース。

“DRESS”<br>-YUUKI-

“CHAMPION”
-HIKARU ARATA-

話題沸騰のエクスペリメンタル・ソウルバンド “WONK” の荒田洸。Championの都市Tシャツにちなんで、彼の好きな街を聞いた。

“CHAMPION” <br>-HIKARU ARATA-

“JACKET & PANTS”
-FUKUDAORIMONO-

静岡の小さな町工場「福田織物」は、革新的なモノづくりで今や世界を驚かせるほどに。そんな同社が作り出す美しい生地制作の様子を取材した。

“JACKET & PANTS”<br>-FUKUDAORIMONO-

“CHINO PANTS”
-KENTO NAGATSUKA-

WONKのヴォーカルとして多忙の日々を過ごす長塚健斗。上品なリラックス感が最近の気分という彼がオン・オフで穿き続けるお気に入りの1本。

“CHINO PANTS”<br>-KENTO NAGATSUKA-

“T-SHIRT”
-RAI SHIZUNO-

もとは写真家としてキャリアをスタートした志津野雷が、不朽の名作映画‘Coffee and Cigarettes’のフォトTシャツを着て思い出すこと。

“T-SHIRT”<br>-RAI SHIZUNO-

“SHOES”
-RAI SHIZUNO-

今年で10周年の逗子海岸映画祭を主宰する志津野雷。自身の好奇心が赴くまま自由に動き回る彼が選んだ、TPOを選ばない足元の強い味方とは?

“SHOES”<br>-RAI SHIZUNO-

“DRESS”
-YUUKI-

トラベルフォトグラファーとして世界中を旅するYUUKI。彼女が旅先で欠かせないというワードローブの1つに、ワンピースを選んだ理由。

“DRESS”<br>-YUUKI-

“LINEN BLOUSE”
-NATHALIE CANTACUZINO-

フォトグラファーやモデルとして枠にとらわれず活動するナタリー。裏谷中を散策中の彼女に聞いた、自分にとって心地が良いコトとモノ。

“LINEN BLOUSE”<br>-NATHALIE CANTACUZINO-

Wait for a while