志津野 雷
RAI SHIZUNO
(写真家、CINEMA CARAVAN主宰)


「写真を撮り始めた頃はジムの作品からの影響も多く受けてましたね。中でも‘Coffee and Cigarettes’は何度も観ました。なのでこのTシャツを着ているとまだ青臭いころの自分を思い出します(笑)。そういう気分にさせてくれる作品をTシャツとして身近に持っておけるのはいいですね」。 前面にプリントされているのは‘Coffee and Cigarettes’の、映画公開時のポスターとジム・ジャームッシュのオリジナルサイン。監督が18年かけて撮りためた、コーヒーとタバコにまつわる11のショートストーリーをまとめた名作映画だ。



そんなジムの作品と同じようにフォトグラファーの志津野雷は近年、撮りためた動画を編集し監督業もスタートさせている。「長い月日をかけ自分の足で様々な場所へ行って撮って、人に出会ってを繰り返し、今の僕のスタイルがあるんだと思います。旅先で自然と向き合って、自然と共に生きているということが伝わる動画を撮って、終わりなき編集、ロードムービーのような作品を作っています。それを毎年、逗子映画祭の最後に流すんです」。訪れた国の山へ海へ駆け回る彼の視点は、今の時代に必要な人間としての原点回帰、そして地球との向き合い方を問いかけてくる。


鬼才ジム・ジャームッシュが手がけた映画作品のポスターTシャツ。


インディーズ映画を代表するジム・ジャームッシュ監督の映画ポスターをプリントしたTシャツ。ジャームッシュが卒業制作で製作したデビュー作 ‘Permanent Vacation’から、インディーズ好きなら一度は目にしたことがあるであろう ‘Coffee and Cigarettes’まで全部で4バリエーションを展開している。



‘Mystery Train’は、The Clashのジョー・ストラマーや工藤有貴が出演しており、メンフィスの街で起こる3つのストーリーを描いていた作品。カンヌ映画祭でも受賞している同作品をプリントしたTシャツは、ジャームッシュファンなら持っておきたい1枚だ。



PROFILE

写真家として活動しながら、クリエイター仲間と逗子海岸近くに街の映画館「CINEMA AMIGO」を設立。その後映画館の仲間と共に「逗子海岸映画祭」をスタート。今年記念すべき10周年を迎える。

Instagramはこちら
CINAMA AMIGO
逗子海岸映画祭