荒田 洸
HIKARU ARATA
(WONK リーダー/ドラマー/ビートメーカー)


「ここから世に出た曲はたくさんあります」。自宅で楽曲制作をすることも多いというWONKのリーダー荒田洸。バンドの他にも自身らのレーベルに所属するアーティストのサウンドプロデュースや、昨年末には初となる自身のソロEPをリリースし歌声を披露するなど、多忙を極めながら日本の良質な音楽シーンを盛り立てる。「今住んでいる街が結構気に入っていて、この辺りの素の東京感みたいなのが好きなんですよね。移住してきた人よりここが地元の人が多い感じとか、カッコつけてない感じとか。自分が着る洋服でもそういう雰囲気が好きです」。



この日は、ADAM ET ROPÉオリジナルデザインで、音楽を背景に持つ都市名がプリントされたTシャツに、イージーパンツのリラックススタイルで、友人と楽曲の制作中だった。「今年はWONKとしてアルバムを出す予定です。今はその制作が中心ですね」。肩肘張らない等身大の自分でいられる街を見つけ、そこにベースを構えた今。そんな空間で、ところせましと並ぶ機材の数々を巧みに操る彼の横顔は、ステージ上とはまた違う魅力が垣間見えた。


ヨーロッパの都市がプリントされたChampionコラボのロゴTシャツ。


毎シーズン好評のChampionとのコラボレーション企画。音楽の結びつきの中でも、テクノやクラブミュージック、ロックやクラシックなどさまざまな音楽を背景に持つ6都市をチョイス。ヨーロッパの都市名をプリントで施すのはChampion公式としては初の試みだ。



左の袖口にはChampionを代表する定番のロゴワッペンが施されており、
同ブランドファンにはたまらない1枚となっている。



PROFILE


2013年にエクスペリメンタル・ソウルバンド「WONK」を結成。そのリーダー/ドラマー/ビートメーカーを務める。その他プロデューサーとしても活躍中で、昨年末には自身のソロEP「Persona.」をリリース。


Instagramはこちら


Photographer: Takaki Iwata