志津野 雷
RAI SHIZUNO
(写真家、CINEMA CARAVAN主宰)


今年で10周年を迎える逗子海岸映画祭。その主宰を務めるのが志津野雷だ。「この映画祭は、“地球と遊ぼう”をコンセプトに、国内外の優れた映画を海岸という自然の中の絶好のロケーションで上映する屋外型映画祭です。そのための場所作りは毎回仲間と一から自分たちの手で作り上げてるんですよ」。この映画祭を始めたきっかけのひとつは、写真家として世界中を飛び回って得る情報や人脈をアウトプットする場所を作りたかったから。



「旅先では上から下までその国の全てをできるだけ体感したい。そこらへんの食堂や屋台で手づかみで飯食べた次の日にはフォーマルな三ツ星レストランへ行く。そういう旅を心掛けています」。あくまで広い視野と好奇心を持って、自分の感性に取り込む旅。そんな彼の旅先では、ラフにもフォーマルにも合わせられる履き心地の良い革靴が最高の相棒になる。



「呼吸するシューズ」と呼ばれるトルコの伝統的なレザースリッポン“イメニエ”の古くから伝わる技術を用いて、ひとつひとつ手縫いで作られているGizze Handmadeの革靴。
あくまで広い視野と好奇心を持って、自分の感性に取り込む彼の旅には、ラフにもフォーマルにも合わせられる履き心地の良い革靴が最高の相棒になる。


ひとつひとつ手縫いで作られたレザースリッポン。


トルコの伝統的な技術を駆使して1足ずつ手縫いで作られたスリッポン。環境に配慮した染料や天然素材を使用し、通気性もよい。



ハンドメイドで縫われた刺繍は、あたたかみを感じさせてくれる。



PROFILE

写真家として活動しながら、クリエイター仲間と逗子海岸近くに街の映画館「CINEMA AMIGO」を設立。その後映画館の仲間と共に「逗子海岸映画祭」をスタート。今年記念すべき10周年を迎える。

Instagramはこちら
CINAMA AMIGO
逗子海岸映画祭



INFORMATION

Special thanks to CINEMA AMIGO
神奈川県逗子市新宿1-5-14
https://cinema-amigo.com